素敵なインテリア ~家具・雑貨の選び方大辞典~

まとめ一覧

系列店のご紹介

割れない鏡Refex

割れない鏡REFEX専門通販店

やさしいシャギーラグ

やさしいマイクロファイバーシャギーラグ

連結ベッドJointWide

連結フロアベッドJointWide通販

流線型ベッドFortuna

流線型のデザイナーズベッド専門通販

パモウナ食器棚

パモウナ食器棚専門通販

絵本ラックL’kids

本棚付き絵本ラックL'Kids専門通販

着せ替えソファLejoy

着せ替えソファーLejoy通販

ジョイントマット

やさしいジョイントマット&コルクマット通販
明るい日差しの差し込むお部屋
素敵なインテリア ~家具・雑貨の選び方大辞典~ > インテリア雑学・豆知識 > まだ家は南向き住宅にこだわりますか。4つの方角のメリットを考える

まだ家は南向き住宅にこだわりますか。4つの方角のメリットを考える


マンション選び、アパート選びの際に住宅の向きも大きな検討材料になりますよね。
一般的には南向きの住宅が最適だと言われますがその理由は何なのでしょうか。

そもそも建物は土地の形状や方角によって必ずしも南向きに建っているわけではありません。
よく分かりもせず南向きでないとダメだと決めつける前にそれぞれの方角のメリットを考えてみませんか。

ここでは人気の南向きから、嫌われがちな北向きまで4方向の住宅のメリットに
ついてまとめています。

マンション・アパートなどの住宅の全体的な向きだけでなく、一軒家のそれぞれのお部屋の配置などにも活用できそうですね。

 

【王道の南向き住宅】

やっぱり人気は南向きに大きな開口のある住宅が選ばれますね。
一日と通して最も日照時間が長く、日中の照明や秋冬の暖房の節約にもなり、洗濯物もすぐ乾くと良い事ずくめなのは間違いないでしょう。

ただし、日差しが強すぎれば、屋内の家具yカーペット等の敷物、カーテンなどのウインドウトリートメントが劣化しやすいというデメリットもあることを忘れてはいけません。

 

【早起きタイプに東向きのお部屋】

太陽は東から上って西に沈むものです。
ならの朝日を最初に浴びるのは東側、東向きのお部屋になります。
なので、朝が早くて日中はほどんど家にいない方には、最適な向きではないでしょうか。
日中の家具や雑貨などの小物類の劣化も防ぐことができますね。

 

【夜型人間には西向きのお部屋】

夜型の生活をされている方には西向き住宅がおすすめです。
夕方から夜にかけて長い時間太陽に照らされているので夜までお部屋は暖かく冬なら暖房費の節約にもなるでしょう。

遮る建物がなければ夕焼けもキレイに見えることでしょうし、朝は日が差しこんで来ないので遅い時間までお休みになることができて、まさに夜型生活の人に最適なタイプとなっております。

 

【フリーランスに北向き住宅の以外なメリット】

一番嫌われがちな北向き住宅ですが、その理由とは?
日本は北半球にありますので太陽は南側の空を東から西に移動します。
なので北向きのお部屋には日が差しこまないということになります。
それならば、ジメジメとした真っ暗なお部屋になるのではないかといった不安があるからです。

しかし北向きのお部屋にも意外なメリットがあります。
それは南向きのお部屋のデメリットでお話したことと逆の事です。

真夏のギラギラとした太陽の日差しが直接差し込まないために夏でも涼しく家具や雑貨などが痛まないという事です。

自宅でお仕事をされているフリーランスの方などには冷房費の節約にもなって、本棚の大量の本や資料も傷まないといった嬉しいメリットがあります。

どうですか。北向き住宅も案外捨てたもんではないでしょう。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。日商条件に関しては様々ですが、何が何でも南向きをと決めつける前に冷静にそれぞれの方角について考えてみると意外なメリットが浮かび上がったのではないでしょうか。

またメインの開口部だけでなくそれそれの窓から差し込む光によっては午前と午後ではガラリと印象が変わるお部屋もあります。
新築物件でなければ、それぞれの時間帯での内覧を申し込んでみてもいいのではないでしょうか?

長く住まわれる住宅選びですからご自分の生活スタイルに合わせてより最適な方角を選ばれてください。



キーワード