素敵なインテリア ~家具・雑貨の選び方大辞典~

まとめ一覧

系列店のご紹介

割れない鏡Refex

割れない鏡REFEX専門通販店

やさしいシャギーラグ

やさしいマイクロファイバーシャギーラグ

連結ベッドJointWide

連結フロアベッドJointWide通販

流線型ベッドFortuna

流線型のデザイナーズベッド専門通販

パモウナ食器棚

パモウナ食器棚専門通販

絵本ラックL’kids

本棚付き絵本ラックL'Kids専門通販

着せ替えソファLejoy

着せ替えソファーLejoy通販

ジョイントマット

やさしいジョイントマット&コルクマット通販
ベッドに横たわる女の子
素敵なインテリア ~家具・雑貨の選び方大辞典~ > ベッド > ベッドのサイズ別、セミシングルからキングサイズまでのそれぞれの利用シーン

ベッドのサイズ別、セミシングルからキングサイズまでのそれぞれの利用シーン


お引っ越しや独立といった節目のシーンで新たに買い求めることが多いですが、一言でベッドと言っても種類が豊富なので選定することが難しく感じられてしまいます。

目を向けるべき情報が多いので何から考案していけば良いのかがわかりにくくなってしまいがちですが、まずはサイズ感から決めていくのが一般的であり特にメジャーなのがシングルです。

単身世帯や一人ずつ個室を有している家庭で選ばれる機会が多いのですが、体格が良い場合だと窮屈感を覚えてしまい疲れを癒すことができないので、セミシングルにするという対策も効果的です。

一人で使うものの尚更ゆったりしたいのならセミダブルが推奨されることが多く、ダブルという名前が付けられているもののあくまでの一人用であり、複数人で利用するのは無理を感じます。

夫婦などが二人で眠りたいならダブル以上の大きさから決めていくことになり、一枚のフラットな面に比較的余裕を感じつつ使えますし、身体が大きな方ならダブルを独占している場合も見受けられます。

ダブルはホテルなどでも設置されているほど知名度が高いのですが、一般住宅に入れるとなれば話は別であり、屋外からクレーンなどを使って窓から入れようとしても入らないことがあります。

それでもダブルでは苦しさを感じられてしまうのならワイドに製造されているタイプが望ましく、日本の住宅でも活用しやすいことを念頭に置いて設計が実行されています。

お家全体が広くて余裕があったり、最初から巨大な寝具を設置するのを前提にして家造りをしている家庭に優れているのはクイーンとキングです。

クイーンは世界的に見ても体付きが大きなアメリカ人がパートナー同士で横になっても余裕を覚えることができるように計画されているので、ある程度の距離感が確保でき安眠を手に入れることができます。

キングはシングルを2つ横並びにしたほどの面積があり、特注しない限り大量生産品としては最大級として位置付けられていて、子供を間に挟んで川の字に眠っても良いです。

お子さんが居ない時でもキングは良い結果をもたらしてくれる強みがあり、仕事などで帰宅時間が異なったり眠りにつくタイミングが違う時でも逐一相手を起こしてしまわないので、気を使わずに個々のライフスタイルを続けていけます。

こうした情報を参考にして置かれている住環境や状況を考慮し注文する形態が定まったら、次は基本について理解を深めていくようにしてください。

基本事項についても知るべき事柄はたくさんありますが、配置については良し悪しを大きく左右することになるので取り分けて気を配る必要性があり、配置は突出して大切です。

シングルやキングといった種類とは関係無く全てにおいて頭部側にヘッドボードと呼ばれる部材が存在しているのですが、この部位はしっかりと壁面に寄せることが機能性と見た目の両方から重要性が高いです。

これらは考えるまでもなく大勢の方々が実際に実現できていることなのですが、現時点で壁面に寄せられていなかったり、新たに届く物を置く場所が壁沿いではないのなら考え直した方が良いです。

製造時や計画の段階で目視されることを考慮して手がけられていないので、見た目が良いとは言えないのが事実ですし、位置的に心身ともにリラックスできるようになるのでしっかりと壁面に密着させてください。

ただし、側面についてはくっつけてしまうのは好ましくない上に、想定外のトラブルに巻き込まれてしまい利便性を大きく損なってしまいます。

実は程良い隙間を確保しておかなければ掛け布団が挟み込めなくなってしまいますし、そうしたトラブルが起こればもう一方の方にずり落ちる様相になります。

常にどちらかに偏っているような状態は著しく安眠を妨げてしまいますし、シーツのお手入れやお洗濯をしたい時にも取り外しが困難になり不便さが際立ってしまうのです。

しかし、小さいお子さんを育児されているのなら隙間に落下してしまい、身動きが取れなくなったり脱出することが不可能になる恐れがあるので、あえて密着させるのも一つの対策です。

そして、ショールームでは大変魅力的に見えて様々な活用方法をイメージしていたのに、いざ納品されると思っていた通りにならなかったこととして挙げられるのが下部に引き出しが付いていることです。

デッドスペースを有効活用できるので収納スペースが少なくて狭いお部屋で生活されている時などは頼もしく見受けられるものの、いざ使ってみようとすると引き出せないことがあります。

収納棚の奥行きはベッドの幅に合わせて作られていることが多いので、たとえシングルだとしても最後まで引っ張るためには多くの空間を必要とするのです。

下部に収めるものは高い頻度で使うことがないものを入れて、定期的に出し入れする様子が多いのですが、あまりにも膨大な量の家具やアイテムを避けてから引き出すことになるのは問題になります。



キーワード